top of page
ddx_wave_cutout.png
ddx_wave_cutout.png

​埋もれたデータの活用で
UX価値の成長を駆動する

データドリブンUXとは?

あらゆるUXが、データで記録されています。

データからユーザーを理解し、UXにフィードバックする方法があれば、

多くのUXデザイナーやデータサイエンティストにより、新たな価値が創造されるでしょう。

わたしたちは、その方法をデータドリブンUXと呼んでいます。

解決する2つの課題

UXに再現性がない

  • UXが根拠なく想像によりデザインされ、独りよがりなものが構築される

  • UXがデータに基づいて客観評価されず、再現性がない

データが価値化されない

  • データが目的に最適化されずに収集され、使いづらいものが蓄積される

  • データがUXの改善に有効活用されず、価値化されない

実現する2つのメソッド

データエスノグラフィ

行動履歴データの観察による、エスノグラフィ的なユーザー調査

UXモデリング

行動履歴データに基づく、ユーザーの典型的な行動パターンのモデル化

実行する7つのステップ

データ準備

ユーザーの行動履歴データを分析可能な状態に整理する

UXモデリング

類似する典型的な行動パターンをもとにユーザーを複数のグループに分類する

ユーザーサンプリング

分類されたグループごとに数名のユーザーを無作為に選定する

​データエスノグラフィ

選定されたユーザーの行動履歴データをつぶさに観察する

UXフィードバック

観察結果をもとにUXの課題を整理して改善されたUXをデザインする

トライアル提供

選定されたユーザーを含む一部を対象に改善されたUXをトライアルで提供する

効果検証

トライアルの結果をもとに改善されたUXの有効性を検証する

データドリブンUXはクロスハック株式会社の提供サービスです​。

bottom of page